院内紹介

当院では、診療を受ける方の視認性を高め、導線・安全性を考慮したレイアウトをとっております  また、リラックスできる空間と色彩を意識したデザインを使用し、少しでも安心して医療を受けていただけるよう考慮しました

待合

待合

ライトブラウンと白と黒を基調としたモダンで落ち着いた印象を与える受付・待ち合いにまとめまています。受付カウンターは視界上方の仕切りをなくすことで開放感を与えています。

待ち合い周りには、雑誌・テレビ以外に、医療情報のパンプレットやポスターも配置させていただいております。


第1診察室

診察室(第1診察室)

全体的には清潔感のあるホワイトを基調として、アクセントに当院のメインカラーである新緑のグリーンをチェアーに施すことで無機質感に変化を与えています。

電子カルテによる情報管理と電子ビューワーによる診断画像閲覧でリアルにわかりやすくご説明させていただきます。

処置室

処置室

清潔を保ちやすくするためホワイトを基調として清潔性の視認を高めています。 リカバリールームでの処置も行えるように移動カートも配備しております。また、大腸の追加前処置を安全安心にさせていただくためトイレを隣接させました。


点滴室(リカバリールーム)

点滴室(リカバリールーム)

不安を取り除くために工夫されたプライバシーガラス(目線の高さより下はグラデーションシートで保護)越しに自然光を取り入れたナチュラルな空間に、グリーンに配色された移動式ベットとリクライニングチェアーを配置しました。 また快適に治療を受けていただくために、気分を和らげるリラクゼーションミュージックを流しております。

鎮静剤を使用した検査後に休んでいただくスペースでもあります。検査の段階からストレチャーを用い、終了後車いすなどへの移動もなくベットのままリカバリールームに移動していただけるので、転倒や循環動態の変動などの危険性が少なく、安全にリカバリーを継続できます。病院などの最新の内視鏡センターが取り入れているストレチャー方式を当院も採用しており、鎮静剤を使用する場合、必須ともいわれている環境を整えています。

内視鏡室

内視鏡室

苦痛のない内視鏡を行うため、当院では細径内視鏡を使用する他に、鎮静剤を使用しています。検査後リカバリールームへの安全な移動の為、当院ではストレッチャーを検査台として利用しています。

さまざまな最新機器を揃え診断性を高めるとともに、リラックスして検査を受けていただけるよう、検査中リラクゼーションミュージックを流しております。

・・・設備詳細はこちら👈


CT・レントゲン室

CT・レントゲン室

苦痛のない内視鏡を行うため、当院では細径内視鏡を使用する他に、鎮静剤を使用しています。検査後リカバリールームへの安全な移動の為、当院ではストレッチャーを検査台として利用しています。

さまざまな最新機器を揃え診断性を高めるとともに、リラックスして検査を受けていただけるよう、検査中リラクゼーションミュージックを流しております。

・・・設備詳細はこちら👈

超音波検査室(第2診察室)

超音波検査室(第2診察室)

全体的には清潔感のあるホワイトを基調として、アクセントに当院のメインカラーである新緑のグリーンをチェアーに施すことで無機質感に変化を与えています。

またリラックスして検査を受けていただけるよう、検査中リラクゼーションミュージックを流しております。

・・・設備詳細はこちら👈